新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業や失業により、生活資金でお悩みの皆さまへ

新型コロナウイルス感染症発生の影響による休業や失業等により、一時的に収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度の福祉資金(緊急小口資金)及び総合支援資金(生活支援費)について特例貸付を実施します。

緊急小口資金等の特例貸付の申請受付期限が延長されました。

2021年12月2日更新

令和3年11月22日の厚生労働省の通知により、特例貸付の申請受付期間が下記のとおり延長されました。

緊急小口資金 総合支援資金初回 「令和3年11月末」から「令和4年3月末」まで

総合支援資金再貸付 「令和3年11月末」から「令和3年12月末」まで

*一世帯あたりの最大貸付額については、世帯人数や借入れ開始時期などにより違いがあります。一律200万円を貸付けするものではありません。

1.緊急小口資金

≪申請の様式はこちら:沖縄県社会福祉協議会HP

令和4年3月末までに申請してください。

2.総合支援資金(初回)

≪申請の様式はこちら:沖縄県社会福祉協議会HP

令和4年3月末までに申請してください。

*緊急小口資金の借入月と重複する借入れはできません。

3.総合支援資金(再貸付)

 ≪申請の様式はこちら:沖縄県社会福祉協議会HP≫  

令和3年12月末までに申請してください。

*緊急小口資金と総合支援資金(初回)または総合支援資金(初回・延長)を借り終えた世帯が対象です。

*償還免除の取り扱い

厚生労働省「償還免除のご案内」参照

*据え置き期間の延長について

≪詳細はこちら:沖縄県社会福祉協議会HP

   

   

  

  


TOPへ